10年


バンコクよりこんにちは

今日で10周年を迎えることができました。

10年前の2008年、薬院のマンションの一部屋で始まった「タンマチャート」 その頃は勢いと根拠のない自信だけ、見切り発車です。
それでもルーシーダットンのレッスンを受けに来てくれる方、施術を受けに来てくれる方がいて、どうにかそれに応えようと必死な日々でした。
ただ、営業活動方面に腰が重く、この薬院の部屋は1年程で手放すことになったので、この部屋をご存知の方は貴重かも。

その後は色んな方にお世話になり、現在はslowで施術する場所を与えてもらっています。
1人ではじめたタンマチャートと違って他のスタッフや社長がいるslowと関わることで、よりタイマッサージやルーシーダットンとの縁が深くなった気がします。

あれから10年
屋号の「タンマチャート」タイ語で自然、ありのままという意味ですが、自分自身もそれに近づいて来れたかな。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、入院、手術が2回。健康そうな割に案外虚弱なのね、とようやく実感。 復帰後はみなさんから応援、励ましの温かいお言葉を頂き、ただただ感謝です。

そんな経験もあり、最近では 「存在が場に馴染み過ぎている」とか 「会ったら眠たくなる」とか言われることもあり
空気のようなちょっと分かりづらいリラクゼーションをみなさんにお届けできているのかな?と自画自賛。

これからの10年でどうなるかは、さて、わかりませんが「楽しそう、面白そう、喜び、平和」の方向へ進んでいきたいと思います。
まずはslowの10年
そして今度はタンマチャート20年を迎えることができました。と言いたい。
お付き合いのある皆さん、これからもどうぞ一緒に楽しんでください。

今日までほんとうにほんとうにありがとうございました。
今日からもずっとありがとうございます。

最後に、「タンマチャート」という屋号を付けてくださった大槻一博先生。道標を示していただきありがとうございます。
コメント